子供が主役

双子の母、そして保育士です!
いつも思うこと、それは・・・「子どもが主役!」ということです。
カンタンなようですが、これがなかなか難しい・・・。

まず母の立場から。

産まれた時からずーっと愛情をこめて育ててきた我が子。
自分のことなど後回しにして、目をかけて手をかけて育ててきました。
大きく立派に育っていく姿を見るのは本当にうれしい。

ところがです!

成長していくと、子どもは母のそばからどんどん離れていくんです。

一日中一緒に過ごしていたのに、保育園や幼稚園に通いだします。
母は心配でたまらない、寂しくてたまらないのに、
子どもはあっという間に母のいない世界で友達をつくり、新しい体験をしてきます。
子どもの話を聞く時は、うれしい反面、母の知らない世界を感じ、悲しく思うことも多いです。

そしてさらに成長していくと、話をしてくれることも少なくなります!
子どもがどこにいて、何をして、誰と遊んで、どう過ごしているのか、まったくわからないんです。
ムリに聞こうとすれば機嫌が悪くなり、部屋に閉じこもってしまいます。

これが母にとって最難関の子育てのテストです!

子どもが今まで通り母にべったりでいることを期待するのか?
それとも、自立して育っていく子どもを陰から応援するのか?

答えはわかっているんです。

「子どもが主役」

立派に自立できる子どもを育てるために、ずっとがんばってきたんです。
だからこそ、わかっていてもできない、つらいんです・・・。

子どもを自分のものと思わない。
だんだんと陰から応援できる立場に変わっていかないといけない。

そう自分に言い聞かせながら、子育てをしています。

次に保育士の立場から。

「子どもが主役」

本当に、絶対にそうだって、わかっていることなんです。

でも保育士も人間です。
時間がない、人手が足りない、今日はやることがいっぱいある・・・。
理由や言い訳はいくらでも出てきます。

そんな時に、「子どもが主役」「子どもの『今』を大切に」と思えるか。

自分の弱い心との戦いです!