勉強は親が先導する

私は小学1年の息子と幼稚園年中の娘がいます。

息子と同じクラスだった女の子のお母さんは「娘は学校から帰ってきてから宿題をやるのにとても時間がかかるの。どうすればいいかな?息子さんはどう?」と聞かれたことがあります。

息子は学校から帰ってきたらおやつを食べてすぐ宿題をすることを伝えると「いいなぁ。偉いんだね!」と褒めていました。
でも私たち親子からすると当たり前の事なので他の宿題をやらない子が不思議でなりません。

息子が宿題をしっかりやり、勉強をするようになったのには親の先導があったからだと思います。

息子は元々発達障害のグレーかな?という感じです。
お片付けができない、兄妹での順番を守らない、すぐ持ち物をなくす、すぐ転ぶ、ぶつかるなどがあります。

今も運動障害があるので療育に通っています。
男の子なのに運動ができないのは可哀想、だったらせめて頭だけはよくなってほしいと3歳頃から本屋さんで売っている「ひらがな」「数字」「ちえ」などの本を買い漁り、毎日数ページをやらせていました。

3歳のころは間違えていても親はイライラせず、まずお勉強をやったことに褒めました。
そして、勉強の本を1冊全部終えたらご褒美で、お菓子をあげたりしていました。

5歳の年長さんになってくると、幼稚園でもひらがなの勉強が始まるのでそれに合わせて、幼稚園から帰ってきたら勉強の本をやらせました。

本人ももちろん嫌がる日もありました。
やる気がでなくてダラダラしていたりもしましたが、私は毎日勉強の本を出して(決してお勉強しよう?と言ったりしませんでした。雰囲気でお勉強をした方がいいのかな?と感じさせます。)息子が間違えた箇所を分析していたりすると、本人も気になって親のところによってきます。

本人の口から「やりたい。」と言わせるように5歳から私は「お勉強は?」と言わない様にしました。
ある日から母親が毎日言っていた「お勉強は?」を言わなくなったけど、勉強の本は開いているので本人も毎日「しなければいけないんだな。」と理解するようになりました。

こうして小学校に行ってから毎日やる宿題の「練習」を年長さんのうちからコツコツとやってきました。

そして小学校に行き始めたら毎日親がランドセルをチェックして、何も言わずにその日の宿題を出すと本人もおやつを食べた後に宿題をやるようになりました。

当たり前のことですが、これを毎日ルーティーンとして決して崩さずにやってきたので本人も家から帰ってきておやつを食べたら宿題をしないとダメになったようです。

あと、幼稚園の頃からお勉強をやったら、その後は何をしてもいいし自由なんだよとずっと言って実践をしていたのも大きかったと思います。

学校から帰ってきて嫌な宿題や勉強を終わらせたあとの楽さ、自由を本人が「嬉しい」と感じるようになったのでこれからは一人で宿題をできると思います。

ここで重要なのは息子にこのルーティーンを身につけさせたということです。
息子が自分で宿題をできるようになれば、妹も兄の真似をします。

特に負けず嫌いな妹は兄が宿題や勉強をしているときにマネして「お勉強ごっこ」をするようになるので息子の時のように、そこまで厳しく勉強を身につけさせなくても自然とできるようになります。

なのでまずは、親が根気よくコツコツと勉強をする習慣を身につけさせることだと思います。
親が放置していたら、小学生のうちはまず勉強はしません。

小学生のうちにどれだけ宿題や勉強をできるようにしておくかだと思います。

我が家の教育方針

我が家には、息子が一人いますが、教育について我々両親が気を付けていることについてお話させていただきます。
息子は幼稚園の年中さんで、今はサッカーと英語の習い事をさせています。
英語は、将来絶対に必要になると思ったのと、両親ともに英語が話せないことがコンプレックスになっていたので、本当は年少の時から習わせたいと思っていました。しかし、何件か英語教室の見学に行ったのですが、息子は外国の先生を前に泣き出してしまいました。私から離れることなく、先生ともコミュニケーションをとろうとしないさまを見て、あぁまだ早いのだなと思い、年少での英語教育を辞めました。
我々夫婦は、子供が嫌だと思う習い事を無理やりやらせないという方針で一致しています。自分たちが無理やり習い事に通わされていて、何一つ身についていないことを経験しているので、自分が楽しく学ぼうとする意志がないと続けていても意味がないということを知っていたからです。息子は年少の間に、幼稚園教育の中の英語の先生と触れ合ううちに、習い事としての英語教室も行きたいと言い出したので、年少の夏休みから英語の習い事を始めました。自分で通いたいと言い出して通いだしたので、今でも楽しく通えています。
我々夫婦の子供のしつけで気を付けているのは、人のことを考えて、傷つけない迷惑をかけないということを度々伝えています。人の人生では生きているだけで周りに迷惑をかけているのだから、せめて自分からわざと迷惑をかけるようなことはないように、常に人の気持ちを思いやり想像していけるように常に言い聞かせています。
参照:子どもに関わる仕事
また、嘘をつくこともいけないということも伝えています。
あとは、食事のマナーについても気を付けています。人は食べなければ生きていけないのだから、食べ物を大事にすること、周りの人を不快にするような食事マナーをとらないように気を付けています。
今までよかったと思う子供とのかかわりは、何か息子にあったときには自分がいるから安心していいんだということを伝えてきました。なので、何か自分がやってしまったときだったり、されたことは怒られるかもしれないけど、正直に話をしてくれます。

子供が主役

双子の母、そして保育士です!
いつも思うこと、それは・・・「子どもが主役!」ということです。
カンタンなようですが、これがなかなか難しい・・・。

まず母の立場から。

産まれた時からずーっと愛情をこめて育ててきた我が子。
自分のことなど後回しにして、目をかけて手をかけて育ててきました。
大きく立派に育っていく姿を見るのは本当にうれしい。

ところがです!

成長していくと、子どもは母のそばからどんどん離れていくんです。

一日中一緒に過ごしていたのに、保育園や幼稚園に通いだします。
母は心配でたまらない、寂しくてたまらないのに、
子どもはあっという間に母のいない世界で友達をつくり、新しい体験をしてきます。
子どもの話を聞く時は、うれしい反面、母の知らない世界を感じ、悲しく思うことも多いです。

そしてさらに成長していくと、話をしてくれることも少なくなります!
子どもがどこにいて、何をして、誰と遊んで、どう過ごしているのか、まったくわからないんです。
ムリに聞こうとすれば機嫌が悪くなり、部屋に閉じこもってしまいます。

これが母にとって最難関の子育てのテストです!

子どもが今まで通り母にべったりでいることを期待するのか?
それとも、自立して育っていく子どもを陰から応援するのか?

答えはわかっているんです。

「子どもが主役」

立派に自立できる子どもを育てるために、ずっとがんばってきたんです。
だからこそ、わかっていてもできない、つらいんです・・・。

子どもを自分のものと思わない。
だんだんと陰から応援できる立場に変わっていかないといけない。

そう自分に言い聞かせながら、子育てをしています。

次に保育士の立場から。

「子どもが主役」

本当に、絶対にそうだって、わかっていることなんです。

でも保育士も人間です。
時間がない、人手が足りない、今日はやることがいっぱいある・・・。
理由や言い訳はいくらでも出てきます。

そんな時に、「子どもが主役」「子どもの『今』を大切に」と思えるか。

自分の弱い心との戦いです!